高麗人参の滋養強壮効果について

トップページ > アルカロイドとは何か?

アルカロイドとは何か?

 

高麗人参にはいろいろな成分が含まれ、効能もたくさんあります。
この中でもサポニンは、高麗人参の栄養素の中でも代表的な存在ですが、この他にアルカロイドと呼ばれている成分も注目されています。

 

アルカロイドは、サポニンと比較すると含有量は少ないのですが、白人参と呼ばれている乾燥の高麗人参50kgから約2.5kgくらいしか抽出が出来ないのだそうです。

 

このようにとても希少価値が高く、その主な種類にはコデイン、パパベリン、ナルコチンのような成分があります。
いずれも優れた成分なのですが、毒性があるので、医薬品として、医療の分野で活躍しています。

 

具体的に挙げると、以下のものです。

 

まず始めに老化防止です。
このアルカドイドと呼ばれる物質には酸素生成を抑える作用があります。体内の活性酸素を阻害する効果があるでしょう。
このようにして組織、細胞の老化を遅らせる効果が期待できます。

 

さらには免疫力向上の効果です。
アルカドイドと呼ばれる物質に細胞の免疫力を高める効果が備わっています。すると、弱った細胞が修復されて、健康へと導いていきます。

 

人間というものは、強いストレスなどで、ホルモンのバランスを崩しやすいです。体調不良になった時にアルカロイドを体内に摂取してあげると、ストレスに打ち勝つ身体が作られます。

 

アルカロイドは、高麗人参以外にも抽出できますが、高麗人参にはミネラル、アミノ酸、ビタミン、サポニンといった栄養素が豊富なので、高麗人参が一番万能でしょう。